TOP

在沖繩恩納村前田岬“藍洞”是著名的熱門地點潛水和浮潛。在退潮的時候,因為它是從斗篷的樓梯步行距離之內,它已經成為沖繩首屈一指的旅遊景點,你甚至還可以在孩子和高級享受。沖繩潛水店MyDiving青洞,中国語,英語教授

它已成為構建,如約30米的深度的圓頂的半圓形。一旦這個洞穴,它被用作保護划艇沖繩漁民稱為颱風“sabani”和大浪“Kumayagama”一個地方的名字已經流行。從所謂的“藍洞”派生來自海平面明媚的藍色從洞口進入陽光已經從海底亮了起來反映了海水通過海到達藍色。由於在入口附近海水充滿了藍色的光芒,甚至整個洞穴染成藍色散發著夢幻般的氣氛,景色正是你的藍洞的奧秘說。此外,藍色的神秘洞穴就能即使在夜間體驗。

是藍色的一個山洞裡,在同樣受歡迎,每天早上插入早晨的太陽,但我也不同的發光可以在晚上看到。出發山洞,一邊聽著夜晚的寧靜沖繩大海的波濤聲,那是白天的藍色發光洞穴是波光粼粼要通過夜光閃閃發光。藍色洞穴的神秘現身,也剝奪了心臟的夜晚。

沖縄県恩納村の真栄田岬にある『青の洞窟』はダイビングやシュノーケリングの人気スポットとして有名です。干潮時には、岬の階段から歩いて行くことが出来るので、キッズやシニアでも楽しめる沖縄随一の観光スポットになっています。

奥行き30メートル程の半円状のドームのような造りになっています。かつてこの洞窟は、沖縄の漁師達が「サバニ」と呼ばれる手漕ぎの船を台風や荒波から守る場所として使われ「クマヤーガマ」の名で親しまれていました。『青の洞窟』と呼ばれる由来は洞窟の入り口から入り込む太陽光が海中を通過して届くことで海水の青さを反射し海底からライトアップされたように海面が青く輝くことからきています。入り口付近の海水が青い光で満たされるため、洞窟全体も青く染まり幻想的な雰囲気を醸し出し、その景色はまさに青の洞窟の神秘と言えます。また、青の洞窟の神秘は夜にも体験することが出来ます。

朝日の差し込む午前中や日中も人気のある青の洞窟ですが、夜はまた違った輝きが見られるのです。夜の静かな沖縄の海の波の音を聴きながら洞窟を進むと、昼間青く光っていた洞窟は夜光虫によってきらきらと光り輝いているのです。青の洞窟の神秘的な姿は夜もまた心奪われます。