カヌーのツーリング

広々としたマングローブ林を鑑賞しながらカヌーのツーリング。生命の息づくジャングルを抜けて雄大な滝を徒歩で行く。眠っていた冒険心が目を覚ます西表島のスポットへ出かけよう!
ダイビングの専門家とは「ダイビングの体験が豊かである」「ダイビングがすぐれている」と噂されることだけではなることはでいません。
海から上がれば陸地でも年中強風の吹く沖縄ですが、9月頃から2月頃まではより強力で、海上では尚のこと風が体に当たりますので、うっかり風邪をひいてしまわないよう注意しましょう。
那覇市から西方約15kmのチービシ環礁はナガンヌ島、神山島、クエフ島の3島からできており、最も面積の大きい島が渡嘉敷村のナガンヌ島です。立派な海と陸の対比を実感できる見応えのある島です。
海でふわふわと「中性浮力」のイメージでいることは、心安く水中を移るためにも、サンゴの群生などのありのままを攻撃しないためにも慎重に対処します
ダイビングを初めてやる時には、一番初めにダイバー独自に7点セットと言われているスノーケル、マスク、フィン、そしてスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは揃えておいた方が安心です。
「ダイビングのメッカ沖縄の1月前後の海はどこまでも透き通って見えますか?」と質問される人もいるようです。紀伊半島も夏季より圧倒的に冬季の方が相当透明感が高いようです。
シュノーケリングしてみて衝撃的だったのは海の透明度!「えーっと、ここプール?」と疑ってしまうほど全体がくっきりと目に映りました

噂のウェイクボードというスポーツは水上のスノーボードと呼ぶにふさわしいでしょう。お馴染の水上スキーのように、スピードボードに引かれて湖面などを滑るエキサイティングなスポーツです。
意外にもウェイクボードに立ち乗りするのは水上スキーよりも簡単なので、回数をこなせばさざ波を操るような憧れの技も思いのままにできる可能性が高いと思います。
カーブに差しかかった時や大きな波に当たる時は、強く左右に動いたり場合によっては振り落とされることも。手間なく平和に没頭できるだけでなく、ドキドキ感も味わえる一押しのマリンスポーツです♪
数日前に開かれた盛大な夏祭りin那覇、汗だくで踊るエイサーをとても興奮しました!この度の開催は中心地那覇市国際通りで例年スタートされます!

沖縄は温かいので春・夏・秋・冬に関係なくずっとダイビングできます。 その季節によって波の状況が変わり、それによって見るべき場所が違ってきます。
体力的に考えても、ダイビングにはお年の規定はございません。喜寿を超えてもダイビングをしている方はかなりおられます。
沖縄は南に位置するお蔭で春・夏・秋・冬に影響されることがなくずっとダイビングを堪能できます。行った季節によって海の見え方がそれによって見るべき場所が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>